小学校受験を受ける人が気になるおすすめの知育教育を
年少、年中、年長に分けて紹介します。
幼児教室で行われる教育を確認しておきましょう。

年少から年長までの幼児教育

年少の教育

年少の時期に育んでおきたいことは、コミュニケーション能力、考える力、自立する力などです。また、年中、年長の時期に、より高度な教育を行うための下準備期間でもあります。そのためには以下のような教育が効果的です。

・簡単な質問に答える練習をしてコミュニケーション能力と考える力を育成
・積み木や粘土を使って、造形や数の基本を学習
・プリントを使って運筆力や描画力を伸ばし、文字や言葉を学習
・目と手を使う運動で、基礎となる身体能力を育成
・読み聞かせで本は楽しいという感覚を育成

年少時に話す力、聴く力、記憶力、想像力、自主性、協調性などは、できる限り身につけておきたいところです。親と離れて初めての集団生活となるため、よりよい環境で教育を行うことが重要となります。他の子どもと関わることで友達づくりなどをこの時期から学ぶことも重要です。さらに、この時期に返事など礼儀も学んでおくことで、後々の教育もスムーズになります。

年中の教育

年中の時期は、年少で学んだことを発展させる時期になります。学習の目標としては以下のようなものが挙げられます。

・プリントを使った読み書きができるようになる
・物語に出てくる単語や表現を身につける
・数字を覚えて簡単な足し算、引き算ができるようになる
・集団での共感、協力ができるようなる
・器具を使った運動ができるようになる

小学校受験をするのであれば、この段階から対策を始めることができればアドバンテージが出てきます。受験に共通する項目として、工夫する力や想像力を発揮させるものがあります。これらは受験のための学習だけでなく、伸び伸びと遊びをすることも重要で、そのことが結果的に受験の合否にも影響することにもなります。そのため過度な詰め込み教育は禁物です。将来的に勉強がつまらないと認識してしまうことにならないように、勉強は楽しいことであることを自然に感じられるような工夫も必要です。

年長の教育

年長では、国語の基本的な知識は修得しておくことをお勧めします。ひらがなの読み書きはもちろん、カタカナの読み書きができると小学校の授業もスムーズについていくことができます。

また、算数の基礎知識として数量や図形についての基礎的な知識を身につけておくことも大切です。年少、年中と少しずつステップアップしていれば、日常にある算数にも興味を示し、進んで学習に取り組む姿勢が育ちます。最低でも100までの数えとつながりを理解し数字を書けるようにしておきましょう。できれば繰り上げや繰り下げの計算もできるようにしておきたいところです。

国語や算数以外には「情操教育」を育むことも重要です。社会性やコミュニケーション能力、自主性、協調性も大切です。子どもが自ら考えて気持ちや意見を言葉にできることは受験を突破するための要素でもあります。

小学校受験をするのであれば、年長の1年間だけでは間に合わないこともあるので、できる限り早いうちから対策をしておくとよいでしょう。