受験に強い幼児教室は、受験サポートがしっかりしています。
模試が充実し、雰囲気もよく、料金も明確です。
合格率も高水準であることも大切です。

教育の内容、カリキュラムを確認

受験に強い幼児教室

幼児教室にはそれぞれ強みや特徴があります。知育に特化した教室や、運動能力向上に長けた教室など様々です。当然のことですが、受験に強い幼児教室を選ぶためには、小学校受験を目的とした幼児教室を選ばなければいけません。その中でも特に受験突破に強い幼児教室を探す場合は、いくつかの特徴を事前に把握しておくが大切です。幼児教室のホームページやパンフレットで、少なくとも下記のような特徴が目立つような教室は受験に力を入れています。

・合格実績
・受験サポート
・コースが充実
・教材が充実

合格実績や授業内容が整っていることはもちろんのこと、受験のサポートとして、保護者に対する講座を実施していたり、子どもが受験をする際の心得なども教えている幼児教室がより安心できます。特に小学校受験には子どもだけでなく、保護者も面接や審査の対象となるため、親のせいで受験に失敗することがないようにサポートされているか、といった点についても重要です。

模試が受けられる

小学校験をする子どもは模試を受けることが合格への近道になります。集団行動やペーパー試験では、本番さながらの模試で実力も身につきます。模試を主催する教室は多くありますが、模試を受ける子どもの数が多ければ多いほど、データの量も増えます。

模試は小学校受験の傾向に合わせた問題を出題して順位や偏差値が出ます。小学校を受験する人数が何人いて、自分の子どもがどの辺りに位置しているかを知ることができ、合格可能性を判断できるため大変役に立ちます。

しかし、実際の小学校受験は模試の偏差値や点数だけでは合否は判断しにくいものです。それは取り組む姿勢も点数に関係するためです。問題が分からなくなると隣の子どもの解答をのぞき見している場合もあります。この場合、解答が正解であっても取り組む姿勢で失格となります。

そこで、幼児教室で受けられる模試がペーパー対策だけでなく、取り組む姿勢を含めてフィードバックしてくれるものを実施しているかどうかも見るようにしましょう。その教室の模試だけでなく、他団体が開催する模試も受けられるような体制が整っているとさらによいでしょう。

受験サポート体制

小学校受験を目指す幼児教室のほとんどは、子どもに対する直接の指導だけでなく、保護者に対する面接対策や志望校選びの助言など、受験に向けたお手伝いもしてくれます。受験に関するノウハウが揃っているため、入学願書の書き方も添削してくれる教室もあります。

受験に強い幼児教室が持っているノウハウとしては、最近のペーパーテストの傾向、行動観察試験のポイント、各小学校に行く子どもの特徴、各学校に多い保護者の特徴、補欠合格のおおよその人数、好まれる服装や髪型、出願に関する知識、願書に記載すべき内容、面接のノウハウなどです。

ノウハウが揃っていれば、本番さながらの模試や、各学校の傾向に合わせた授業も行うことが可能です。また、その学校から先生が出向いて、学校説明会を行う場合もあります。そのため、自宅から多少の距離がある幼児教室であったとしても、受験サポート体制がしっかり整った幼児教室を選ぶのがいいでしょう。

合格実績は必ず確認しよう

幼児教室を選ぶ際に必ず確認しておきたい重要なポイントが合格実績です。もちろん合格実績を掲載していない教室は選択肢から外れることになりますが、掲載している合格実績の中身までしっかり確認する必要があります。

合格実績の掲載方法には教室によって違いがあります。合格した学校を単純に並べるだけの教室もありますし、学校別にその年の合格者数まで掲載している教室もあります。当然、合格者数をきちんと掲載している教室の方が信用できます。

その中で重要なポイントが、志望校に何人の合格者を出しているかという点です。それぞれの教室が各学校の出題傾向を研究、分析していますが、分析の正確性や対策の方法が異なります。合格者を多く出している教室は分析と対策が進んでいる証拠であり、合格への近道を知っています。毎年安定して多くの合格者を輩出する教室は11月頃から合格速報も掲載していますので、速報の掲載有無も確認してみてください。